オリーブオイルの世界は、ワインのそれととても似ていて、市場にでまわる数多くのオリーブオイルから好みの1品を見つけ出すのは至難の業…。
そこでDHCがあなたに替わって、最高のオリーブオイルを探し出しました。オリーブオイルの本当のおいしさをぜひお楽しみください。

オリーブオイル基礎講座

すっかりと家庭にも浸透したオリーブオイル。実はワインのように奥深い世界をもっています。知っているだけで“おいしいオリーブオイルに出会える確率がグンとあがる”そんなオリーブオイルのミニ知識をご紹介します。


オリーブオイル基礎講座

すっかりと家庭にも浸透したオリーブオイル。実はワインのように奥深い世界をもっています。知っているだけで“おいしいオリーブオイルに出会える確率がグンとあがる”そんなオリーブオイルのミニ知識をご紹介します。

オリーブオイルとは

オリーブオイルとは、オリーブの果実をまるごと搾って採れるオイルのこと。聖書やギリシャ・ローマ時代の歴史古文書にもよく登場し、遥か昔の紀元前から使われていた人類最古のオイルとされています。菜種油やごま油など、他の植物油と違い基本的には、加熱加工や石油系溶剤などによる化学分離工程や精製を一切必要としません。まさに「オリーブ果実のジュース」ともいえる天然のオイルがオリーブオイルです。他の植物油にはないポリフェノールと植物性酵素を含んでおり、健康によいとされています。また、その成分は母乳に近いといわれており、赤ちゃんや子供にも安心なナチュラルさが特徴です。

オリーブオイルの作り方

オリーブの果実は摘み取った瞬間から酸化や発酵が始まり、刻一刻と鮮度は失われていきます。また、圧力や高温で劣化が進むため、収穫方法や製法によって、味や風味、品質が大きく左右されるのがオリーブオイルです。おいしいオリーブオイルに出会うために知っておくとよい主な製法をご紹介します。
方法1圧搾法
果実を石うすで挽き、ペースト状にしたものを圧搾機にかけ、オリーブジュースを搾る。沈殿槽で水分と油分に分離させ、油分だけを採り出し、ろ過して完成。
方法2遠心分離法
果実を粉砕機でつぶしてペーストにし、1回目の遠心分離機で果実とジュースに、2回目で水分と油分に分けて完成。効率化のために熱や水を加えることもあり、大量生産できるが、オイルの個性は弱い。
方法3パーコレーション法
遠心分離法同様にオリーブジュースをつくり、プラスとマイナスの電極を利用して、ジュースから油分だけを集める。無駄な圧力がかからない分、質の高いオリーブオイルが採れるが、効率はよくない。

オリーブオイルの基本的な製法はこの3つですが、中にはよりたくさんのオイルを搾ろうと、高温で加熱したり、他の植物油同様に石油系溶剤(ヘキサンなど)を使ったりするメーカーもあれば、逆に、圧力をかけずにしたたり落ちる果汁から採油する製法(アカプルコ侯爵方式)でこだわって作っているメーカー(ヌニェス・デ・プラド社)もあります。収穫の方法も、手摘みから、機械や棒で木を揺らして落ちた果実を拾うなどさまざまです。
このように産地や品種だけでなく、収穫方法や製法で、味・風味・香りが変わるオリーブオイル。よくワインにたとえられるほど、実は奥が深いのです。ぜひ、オリーブオイル探しの際には、収穫方法や製法を気にしてみてはいかがでしょうか? この奥深い世界をより楽しむきっかけになると思いますよ。

オリーブオイルの種類と品質

オリーブオイルは、ワインと同様、法律で品質規格を設けている国があります。スペインではEUの基準に従って、下の表のように「製法」と「酸度」によって分類しています。「酸度」は、オリーブオイルの品質を決定付ける重要な値とされ、「酸度」が低いほど新鮮なオイルであることを意味しています。

※酸度…オイル中に含まれる遊離オレイン酸の割合。酸度が高いほど酸化が進みやすい。

分類表示酸度特長
エクストラ
バージン
オリーブオイル
0.8%
以下
化学的処理を一切していない、搾ったままのオリーブオイル。オリーブオイル特有の風味(色・味・香りなど)を備えているもの。
バージン
オリーブオイル
2%
以下
ピュア
オリーブオイル
1%
以下
バージンオリーブオイルと精製したオリーブオイルをブレンドしたもの。

オリーブ王国『スペイン』

スペインのオリーブ畑は200万ヘクタール以上。オリーブオイルの木の数は、スペインの人口をはるかに上回るといわれています。オリーブオイルといえばイタリアと思われがちですが、オリーブオイルの生産量・輸出量ともに1位を誇るのが、世界生産量の約40%を占めるオリーブ王国・スペインなのです!

DO認定

スペインではEU諸国に先立ち、スペイン産オリーブオイルの信頼性を高めるために1970年代からワイン同様の「原産地呼称制度」を導入しています。これは『DO認定』と呼ばれ、酸度、収穫、製造、貯蔵方法などの条件をクリアした高品質なオイルであることを証明するものです。


オリーブオイルと健康

美容や健康によいとされる成分が豊富に含まれ、「摂りすぎは健康によくない」という油のイメージを覆すほどヘルシーなのが、オリーブオイルです。実際にオリーブオイルの産地である地中海沿岸地方の人が、他のヨーロッパ諸国の人に比べて動脈硬化による心臓病発症率が低かったり、イタリアやギリシャではガンの発症率が低かったりするのは、オリーブオイルをたくさん摂る食生活が関係しているといわれていいます。アメリカのF.D.A(米国食品医薬品局)もその有用性を認めています。

オリーブオイルに含まれる脂肪酸の約78%はオレイン酸です。これは、植物油の中では最も多い含有量です。オレイン酸は他の脂肪酸と違って酸化しにくく、老化や病気を引き起こすと考えられている活性酸素の発生源「過酸化脂肪酸」をつくりにくいのが特徴です。また、オレイン酸には、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを維持・増加させたり、胃がん発ガン因子であるピロリ菌の増殖を抑えたりするといわれています。
ビタミンAやビタミンE、ポリフェノールや植物性酵素など、活性酸素と闘う抗酸化パワーを持つ成分もバランスよく含まれています。特にポリフェノールや植物性酵素は、他の植物油には含まれていない成分です。これらの成分がバランスよく含まれているオリーブオイルは、体内のめぐりに関係する部分を若々しく保つ効果が!
エクストラバージンオリーブオイル 商品一覧