美しい景観・充実した生活環境のすみよいまち

都市高速鉄道「つくばエクスプレス」で秋葉原から32分。
好アクセスのベッドタウンとして年々住人が増えている守谷市。
市内には低炭素まちづくりの計画モデル地区があり、電線のない高い空と松並木が美しい景観をつくりだしています。
電線類地中化を行った戸建住宅街区において、800区画以上の規模の太陽光発電システム導入可能な住宅地エリアは日本初。
また、病院や公園の数も多く、この住環境の良さから、関東圏住みたいまち2位に選ばれています。
東洋経済新報社「住みよさランキング2018」

  • DHCのふるさと納税返礼品

  • このまちの魅力

守谷市ってどんなところ?

守谷市は東京都心から40キロメートル圏内に位置する、茨城県・南西部のまち。利根川や鬼怒川、小貝川という3つの河川に囲まれた台地の上に形成されています。歴史も古く、市内には「平将門と七人の影武者の墓」や徳川家康ゆかりの長龍寺などの歴史的建造物も多く残されています。

「きらめきプロジェクト」と称した、全国でも珍しい保幼小中高一貫教育が展開されています。小中学校にはALT(外国語指導助手)が全校に配置されており、小学1年生から楽しみながら英語を学習できるようプログラム。全教室には電子黒板が設置され、ICT機器を効果的に活用し、情報化教育を推進する環境を整えています。

守谷市に転入した方が1日も早く地域に溶け込めるよう、開催されるイベント「ようこそ守谷へ」は,全ての作業が市民の手で実施されています。守谷市に関する情報発信と地域における仲間づくりの場として活用されています。

守谷市おすすめスポット

八坂神社祇園祭 守谷市指定の無形文化財でもある八坂神社祇園祭。5日間にわたって行われる祭りの最終日は、神社前の通りを神輿や山車が行き交い、多くの見物客が神社を訪れます。

四季の里公園 園内の池にはアヤメやハナショウブなどが約4万本が植えられています。毎年,見頃である6月の上旬から中旬にかけて「もりやアヤメ祭り」を開催しています。

守谷野鳥のみち 住宅整備の促進とともに緑を保全するためにつくられた、延長約4キロメートルの遊歩道「守谷野鳥のみち」。ここでは、100種類以上の渡り鳥を観測することができ、他県からもたくさんの見学者が訪れています。

守谷市とDHCの取り組み

地域限定共同開発商品守谷グリーンプロジェクトとして市内で栽培したホップを配合したオリジナルビール「MORIYA GREEN BEER」をDHCビールと共同開発。初回販売分が13日間で完売した大人気商品です。

守谷市スポーツフェスティバル 講習会DHC講師による『スポーツと健康に関する講演』を行い、参加者にコエンザイムQ10ダイレクトを配布しました。