古くからの生活が息づく、風と炎と水のまち

佐賀と福岡の県境にある、みやき町。北部には筑紫山地がそびえたち、南部には日本三大あばれ川のひとつ筑後川が流れ、町内だけで様々な景観を楽しめます。日本最大の遺跡「吉野ヶ里遺跡」にほど近く、みやき町内にも古墳や遺跡などの歴史的建造物が残っています。
筑紫平野の穀倉地帯の役割を担っていますが、住みやすい環境と周辺都市の生活圏としても注目され、「健康長寿のまち」宣言による積極的な健康施策、住宅整備、子育て支援などにより人口流入が続いています。

  • DHCのふるさと納税返礼品

  • このまちの魅力

みやき町ってどんなところ?

佐賀の東部に位置しているみやき町。町のランドマークは、筑後川唯一の斜張橋、「天建寺橋」です。2015年には「健幸長寿のまち宣言」を行い、町をあげて健康づくり事業に注力しています。

快適な環境の中、子どもたちに多くのことを学んで欲しいという町の想いから、様々な教育施策を実施しています。「子どものいじめ・体罰等の防止条例」を佐賀県内で初めて制定し、世界のアスリート達による「夢先生教室」などを通じて情操教育にも力を入れています。

平野部に広がる農地は大部分が基盤の整った優良農地。農業振興地域として指定されています。主な作付である米や麦の他に、二毛作としてい草などを栽培。さらにイチゴやトマト、アスパラガスなどの野菜も多く栽培し、農業の多角化や、複合経営を図っています。

みやき町おすすめスポット

秋に咲くひまわり畑 みやき町北部の山田地区では10月下旬から11月上旬にかけて、ひまわりが満開に。「秋のひまわり畑」として観光スポットになっています。運が良ければ、雪の綿帽子をかぶったひまわりを見ることができます。

東尾大塚古墳 みやき町には古代豪族の城があったと言われており、弥生時代に築いた古墳が点在しています。東尾大塚古墳の上には一本桜があり春になると、花見客も訪れます。

三根クリーク公園 みやき町の象徴ともいえるクリーク(小運河)を利用した公園。真っ赤なザリガニ橋を中心に、東屋や藤棚が整備されており、散策にもってこいなスポットです。

みやき町とDHCの取り組み

妊婦さん向け葉酸サプリプロジェクト胎児の健やかな成長と神経管閉鎖障害などの予防に重要な成分“葉酸”。厚生労働省は葉酸を食品での摂取を補う形でサプリメントなどでも摂取することを推奨しています。みやき町では母子健康手帳交付時にDHCの葉酸サプリメントをプレゼントし、産前から未来を担う赤ちゃんを支援します。

シニア向け葉酸サプリプロジェクト認知症、脳卒中の予防等でも“葉酸”は注目を浴びている成分です。みやき町では健康教室参加者に、DHCの葉酸サプリメントを提供し、健幸長寿をめざしています。

みやき健幸マイレージ事業2016年からパソコンやスマホで健康記録することでマイルを集め特典品と交換する「みやき健幸マイレージ」を開始。健(検)診受診やバランスの良い食事、運動、健康イベントへの参加に応じてマイルが集められます。働き盛り世代の生活習慣予防などを推進しています。

出生祝いベビーセット出産のお祝いとして、出生届提出時にDHCナチュラルベビーセットをプレゼントしています。生まれたその日からお使いいただけるヘア・スキンケア商品で、大切な赤ちゃんの健やかな成長を応援します。

みやき町町民祭協賛