目もとのたるみ、くまの原因と対策

目もとのたるみ、くまの原因と対策

多くの女性を悩ませる、目もとのたるみ。実は最近、10代や20代のうちから目もとのたるみが気になるという人も増えているようです。朝起きた時、枕の跡がついてなかなか消えなかったり、久しぶりに会った人に「表情が優しくなった」と言われたり…。そんな現象に気づいたら、目もとのたるみの始まりかもしれません。

目もとのたるみ、くまの原因

目もとのたるみ、くまの原因

目もとのたるみ、くまの原因

目の周囲は顔の中でも特に皮膚が薄いので、たるみやくまが目立ちやすい部分です。加齢や乾燥、筋力の衰え、摩擦による刺激など、さまざまな原因がたるみやくまにつながります。

●加齢による弾力と筋力の低下

皮膚内のコラーゲンやヒアルロン酸が減少することにより、肌のハリが失われます。また、年齢を重ねるにつれて目の周囲の筋肉も衰え、まぶたや目の下の皮膚と脂肪を支えきれなくなることで、たるみが目立ち、その下のへこみがくまになります。

●眼窩(がんか)脂肪によるたるみ

クッションのように眼球を支えている脂肪を、眼窩(がんか)脂肪と言います。年齢とともに肌の弾力や目周りの筋力が低下すると、この眼窩(がんか)脂肪が重力で圧迫され、ふくらんで目立つようになります。これが目の下のたるみになります。

●目の酷使や目もとへの刺激

パソコンやスマートフォンの画面を長時間見ている人や、仕事で細かい作業をすることが多い人など、目を酷使している場合も要注意です。目の疲れもたるみやくまに関係しているからです。また、まばたきの回数が減り、目の周囲の筋肉が衰えてしまう可能性もあります。

目もとのたるみ、くまに有効な美容成分

目もとのたるみ、くまに有効な美容成分

目もとのたるみ、くまに有効な美容成分

目もとのたるみは、肌のハリや弾力の低下が一因です。そこで、ハリや弾力のもととなる成分や、それをサポートする成分がたるみの対策に有効だと考えられます。

●コラーゲン

肌のハリや弾力のもとになるコラーゲンは、もともと体内に存在する成分です。ところが20歳頃をピークに、生成量はどんどん減ってしまいます。また、紫外線を浴びて真皮層がダメージを受けると、コラーゲンは破壊されてしまうのです。新しいコラーゲンをきちんと作り出せるように、内と外からケアしていくことが必要です。

●コエンザイムQ10

酸素を取り込み、体を動かすエネルギーを作る過程で発生する活性酸素。この活性酸素が過剰に増えてしまうと、体や肌にダメージを与えてしまいます。私たちの体はこの活性酸素の働きを和らげる機能を備えていますが、その中のひとつがコエンザイムQ10です。やはり加齢とともに減少してしまうので、積極的に摂りたい成分です。

●ビタミンCとレチノール

美容成分の代表格とも言えるビタミンCは、ほかのさまざまな成分をサポートする役割も担っています。コラーゲンとの相性が良く、コラーゲンの吸収や生成を促す働きがあるのも特徴です。また、レチノール(ビタミンA)にもコラーゲンの生成や肌のターンオーバーを手助けする働きがあり、たるみ対策の成分として注目を集めています。

目もとのたるみ、くま対策、スキンケア方法

目もとのたるみ、くま対策、スキンケア方法

目もとのたるみ、くま対策、スキンケア方法

人と顔を合わせる時、目もとは一番見られている部分です。目の周りがたるんでいると、見た目の印象を一気に老けさせてしまいます。スキンケアや睡眠、ツボ押しなどでたるみ対策を行ない、すっきりと引き締まった目もとをキープしましょう。

●たるみケアに役立つ基礎化粧品でお手入れ

普段から気をつけたいのは、目の周りをこすりすぎないようにすることです。アイメイクを落とす時や保湿する時に、ゴシゴシ力を入れないように注意しましょう。グイグイと乱暴にマッサージをすると、かえってたるみを助長してしまうこともあります。
コラーゲンやコエンザイムQ10、ビタミンC誘導体など、たるみのケアに役立つ成分を配合した基礎化粧品を使って、肌のハリ不足を防ぐことも大切です。時には、シートマスクやアイクリームを使い、必要な成分やうるおいを集中的に与えるケアもプラスしてください。

<アイクリームの塗り方>
1. クリームを目の周りにのせます。
2. 指の腹を使い、目尻から目の下を通って目頭までなじませます。
3. そのままぐるりと目頭を通り、上まぶたからこめかみへ優しく指をスライドさせます。

●目もとの緊張ほぐし

目の疲れは、目もとのたるみを悪化させる一因です。パソコン作業などで目が疲れたと感じたときは、目を閉じて休ませたり、目薬でケアしたりしましょう。就寝前に、温めたタオルで目元をリラックスさせるも効果的です。また、目の周りにあるツボを刺激すると、目の疲れが和らぎ、血流もスムーズになります。

<ツボ押しの方法>
1. まずは目の下から。目頭、中央、目尻の3点を指の腹で優しくプッシュ。
2. 次は眉の下。眉頭、中央、眉尻の3点を、下から眉を持ち上げるようにプッシュ。
3. 最後に、両手をグーにして眉をグリグリとほぐします。

●眼輪筋エクササイズ

眼輪筋は目の周りを覆うドーナツ状についている筋肉で、まぶたの開け閉めが主な役割です。この筋肉が衰えると、まぶたや目の下がたるみ、目もとの印象がぼやけてしまいます。眼輪筋を意識して動かし、たるみの予防にトライしてみましょう。

<エクササイズの方法>
1. 指先で上まぶたの中央あたりを引き上げ、眉下で押さえます。そのまま10秒間目を閉じます。
2. “まぶしい”目つきをして、10秒間キープします。
3. 指先で目尻の少し上を押さえ、斜め上に引き上げます。この状態で10秒間目を閉じます。

「目は口ほどにモノを言う」という言葉もありますから、目もと・目の下のたるみはできるだけ防ぎたいものですね。たるみを解消して目力がアップすれば、表情もよりイキイキと輝くに違いありません。

みんなの気になるワード

おすすめ商品

TOP