おでこ(額)のシワの原因と対策

おでこ(額)のシワの原因と対策

シワの中でも、できる範囲が広く、かなり目立ってしまうのがおでこ(額)のシワ。
さらに、額に縦や横のシワがあると、老けて見えるのはもちろん、初対面の人に気難しい印象を与えてしまったり、怒っていると見られてしまうことも。
まずは、おでこ(額)にシワができる原因を知ることで、自分のシワがなぜできてしまったかがわかるはず。
自分のシワに合わせた正しいお手入れで、ピンと張った理想の額を手に入れましょう。

額にできるシワの原因

おでこ(額)にできるシワの原因

額にできるシワの原因

日常の生活の中にシワをつくる原因となっているものがあるかもしれません。当てはまるものがある人は、今すぐケアを始めましょう。

●紫外線や乾燥などの肌ダメージ

紫外線や乾燥による肌へのダメージは老化を早めるため、シワを生んでしまいます。年齢に関係なく、若い人でも肌に負担をかける生活を続けていると、シワができるということです。
特に額は、紫外線ダメージの影響を受けることから、しっかりとした紫外線対策が重要です。また、額は皮脂が多くベタつきやすいため、乾燥とは無縁と思いがち。ですが、テカりが気になるために洗いすぎてしまうことや、必要以上にあぶらとり紙などで皮脂をとりすぎてしまうと、肌のバリア機能をしていた必要な皮脂までなくなってしまうため、乾燥を進めてしまいます。また、皮脂量は多くても水分保持力低下による乾燥の場合もあるため、保湿対策をしていきましょう。

●表情の癖

額を上げたり下げたりする動きを日常的に繰り替えすことで、肌にシワが残ってしまいます。若くハリのある肌は弾力が高く、表情が動いてもすぐに元に戻るため、シワになることはありませんが、加齢により弾力がなくなった肌は、元に戻る力が弱く、日ごろの表情の癖が肌に残りやすくなります。
眉を寄せる癖がある人は縦のシワが入りやすく、眉をあげる癖がある人は横のシワが入りやすいといわれています。
また、ストレスや疲れによって、寝ている間に表情がこわばったり、しかめっ面になっていることも。
知らず知らずのうちに、シワができやすい表情が癖になっていることがあるので、鏡などを見ながら意識してみては?

額のシワを和らげるマッサージと基礎化粧品選び

おでこ(額)のシワを和らげるマッサージと基礎化粧品選び

額のシワを和らげるマッサージと基礎化粧品選び

毎日のお手入れの方法を見直すことで、セルフケアだけでもおでこ(額)のシワがなめらかになることもあります。おでこ(額)のシワのケアに適した化粧品や、正しいマッサージ法を覚えて、今日からのお手入れに取り入れてみましょう。

●マッサージの方法

中指と薬指でおでこ(額)のシワを伸ばすように、らせんを描きながらこめかみまですべらせ、最後にこめかみをプッシュします。

マッサージをするときは、肌への刺激にならないように、オイルやクリームなどで滑りを良くしておきます。また、強い力でマッサージしてしまうと、かえってシワを悪化させてしまうこともあるので、指に力を入れずにやさしく行いましょう。

●基礎化粧品の選び方

紫外線を受けやすいおでこ(額)は、肌ダメージが大きい部分。
そのためしっかり肌をケアできる抗酸化作用の高い成分を含んだ化粧品を毎日のお手入れに取り入れましょう。
中でもコエンザイムQ10は美肌などに効果的。肌を内側から元気にさせることで、ダメージから肌を守るため、肌のうるおいが高まり、若々しい肌に導きます。
また、おでこ(額)は肌表面に皮脂が多くうるおっていると感じても、思っている以上に肌の内部は乾燥しています。

額のシワ対策とスキンケア方法

おでこ(額)のシワ対策とスキンケア方法

額のシワ対策とスキンケア方法

毎日少しのことに気をつけるだけで、シワができにくい若々しい肌に。
すぐに実践できる、シワ対策のポイントを紹介します。

●保湿を心がける

Tゾーンはベタつくからと保湿を控えめにしていませんか?もしかしたら、そのテカリは皮脂が多すぎるわけではなく、肌の内側が乾燥しているからかもしれません。肌が極度に乾燥すると、肌を守ろうと皮脂がたくさん出る働きがあります。テカるからといって何度も洗顔をしたり、保湿をしないとどんどん肌は乾燥していく一方。乾燥によって、シワまでできやすくなってしまいます。しっかりと保湿することで、うるおいと皮脂のバランスがとれ、シワができにくくなるだけでなく、テカリも目立たなくなります。

●冬でも紫外線対策を!

紫外線は夏だけでなく、年中降り注いでいます。紫外線は肌を老化させ、シワを生み出す大きな原因のひとつなので、しっかりとした対策が重要。
日差しが強い夏はもちろん、秋から春も一年中紫外線対策を。SPFなどの数値に関係なくクレンジング不要のもの以外は、ライフスタイルに合わせて日焼け止めを選びましょう。
肌に残ると荒れやトラブルの要因となり、シワにも繋がってしまうので、クレンジングできちんと落とすことも重要です。

年月の積み重ねでできていくシワは、お手入れにも時間が必要。正しいスキンケアやマッサージを、毎日根気よく続けることが大切です。

みんなの気になるワード

おすすめ商品

TOP