目もと(目の下・眉間)のシワの原因と対策

目もと(目の下・眉間)の
シワの原因と対策

「目は口ほどに物をいう」という言葉があるように、人と会話するとき、最も相手に見られるのが目もと。
目もとにシワがあると、相手に老けた印象を与えるだけでなく、疲れた雰囲気まで出てしまいます。
また、目もとはエイジングのサインが現れやすい部分なので、日ごろから目もとのケアを行っておくようにしましょう。

目もとにできるシワの原因

目もと(目の下・眉間)にできるシワの原因

目もとにできるシワの原因

目もとの皮膚は、頬の10分の1ほどの薄さしかないと言われています。そのため、顔の中でも特にデリケートな部分。若いうちからでもシワになりやすく、日常のちょっとしたダメージがシワの元となってしまいます。まずは、シワの原因となりやすいダメージをチェック。

●乾燥

ちりめんジワと呼ばれる、細かなシワは主に乾燥が原因です。皮脂が少なく皮膚が薄い目もとは水分を抱え込む力が弱く、特にうるおいが逃げやすいという特徴があります。乾燥によって肌の中のうるおいが少なくなると、肌そのものがドライフルーツのようにしぼんでしまい、ハリが低下。シワへと繋がってしまうのです。乾燥が原因のシワは丁寧な保湿ケアをすれば、比較的早く良くなるといわれていますが、小ジワだからと油断していると、どんどん深いシワへと移ってしまうので注意が必要です。

●刺激

肌が薄い目もとに強い刺激は厳禁。クレンジングのときに強くこするだけでも、肌にダメージを与えてしまい、シワの原因になります。
さらに、肌への刺激によって角質層が傷ついてしまうと乾燥を引き起こし、結果的にシワをよりできやすくすることに。特に目もとは、まばたきや目の動きなどによる皮膚の伸び縮みが多く、何もしなくても既に肌に負担がかかっているため、日常生活ではなるべく刺激を与えないことが大切です。

●目の疲労

パソコンやスマートフォンなど、電子機器による目の疲労はかなりのもの。
眼球疲労は、眼球だけでなく目の周りまで血行不良を引き起こし、血行が悪くなると、肌の代謝が低下します。
長時間パソコンやスマートフォンを使うときは適度な休憩を挟み、目を休ませることも実はシワの対策に繋がるのです。

シワを和らげるマッサージ

シワを和らげるマッサージ

シワを和らげるマッサージ

毎日のスキンケアのときに、血行を良くするマッサージを取り入れてみましょう。マッサージは、スキンケアの浸透を高めるだけでなく老廃物を流して若々しい目もとへ導きます。

●マッサージの方法

  1. 1.人差し指と中指の腹を目の下の窪みに当てて、目頭から目尻へとやさしく
    滑らせる。
  2. 2.目の上の窪みに沿って、目頭から目尻まで指を滑らせる。
  3. 3.指をチョキの形にして、眉の上下を挟むようになでる。

事前に温めたタオルなどで2〜3分目もとを温めておくと、さらに血行がよくなり、若々しく。マッサージをするときは、肌をこすらないようにスクワランやオイルなどが含まれた指のすべりが良くなめらかな目もと用のクリームを使い、 やさしい力加減で行いましょう。

目もとのシワ対策とスキンケア方法

目もと(目の下・眉間)のシワ対策とスキンケア方法

目もとのシワ対策とスキンケア方法

毎日のお手入れを心がけるだけで、シワが出来にくいなめらかな肌に。
目もとにあったケアを覚えて、効果的にお手入れをしましょう。

●クレンジングはなるべくやさしく

クレンジングのときに、目もとをこすってしまうことがシワに繋がるため、クレンジングはこすらずしっかり落とせるものがベスト。ウォータープルーフのマスカラやアイラインなど落ちにくいメイクをしたときは、ポイントメイク落としなど専用のアイテムを活用するのも手。また、クレンジング力が高くても、落とした後に肌がつっぱったり、乾燥するようでは、シワを引き起こすことも。肌の水分を奪いすぎない保湿力のあるものを選びましょう。

クレンジングのときだけでなく、日常的に目をこする癖がある人も要注意。目もとは刺激を与えないことがシワ予防へと繋がるので、なるべく触らない習慣をつけましょう。

●コットンパックで水分をたっぷり補給

乾燥しやすい目もと、目の下は、うるおいが不足しがち。
頬や額など、他の顔の部分よりも水分が必要なので、コットンを使ったローションパックでしっかり水分を与えましょう。
方法は、コットンに化粧水をたっぷりと含ませ左右のまぶたの上に乗せるだけ。乗せる時間は3〜5分が目安です。
ついついコットンが乾くまで乗せてしまいがちですが、長時間乗せすぎると、水分が乾いてしまうので注意。
化粧水が目の中に入るとトラブルの原因になるので、コットンを乗せるときはしっかりとまぶた閉じ、コットンに化粧水を含ませすぎないようにしましょう。また、下まぶたも同様にお手入れするのがおすすめです。

●目もと専用のクリームを取り入れて

エイジングが進みやすくデリケートな目もとは、専用のクリームでやさしくケアしましょう。]目もと専用のクリームを選ぶときは、
美肌効果やエイジングケアできるコエンザイムQ10や、ハリを高めてくれるヒアルロン酸やコラーゲンが配合されているものがおすすめです。また、目もとは乾燥しやすいので、スクワランやシアバターなど保湿力が高い成分が配合されているものを選ぶのもポイントです。

シワの予防は日々のお手入れの継続が重要です。
大きなシワができてからでは、なかなか改善するのが難しいため、小ジワの内に手を打つように心がけましょう。
そしてできてしまってシワには、できるだけ早く適切な対処を。短期間で結果がでなくとも、毎日しっかりケアをすれば少しずつ薄くなる可能性ありです。

みんなの気になるワード

おすすめ商品

TOP