乾燥肌の原因と対策

乾燥肌の原因と対策

乾燥は季節の変化によって起こりがちですが、それだけでなく加齢によっても肌はとても乾燥します。また、紫外線や生活環境、日常生活はもちろん、毎日のスキンケアも大きく影響します。乾燥肌の原因やその対策をご紹介します。

乾燥肌を引き起こしている原因

乾燥肌を引き起こしている原因

乾燥肌を引き起こしている原因

乾燥肌には、洗顔後につっぱり感があるくらいの軽度なものから、かさつく、ごわつく、粉を吹いたようになる、ひりつくなどの状態まで、いろいろな症状があります。乾燥を軽く見ていると加齢によって、さらにひどくなったり、シワやくすみの原因になるので注意が必要です。

乾燥肌は角質層の水分量・皮脂が減少している状態です。それが進むと肌表面が硬くなり、手触りがごわつき、化粧のりも悪くなります。乾燥して、水分と油分のバランスの崩れから防御力が低下すると、刺激を受けやすくなり、肌トラブルを起こしがちに。この状態は一般的に加齢とともに増える傾向にあります。
肌表面の角質は、ターンオーバーによって最終的に垢となって剥がれ落ちるのですが、ターンオーバーがスムーズでないと、古くなった角質層が剥がれ落ちそうなのに、肌表面にくっついたままで乾燥し、肌がガサガサになります。これが乾燥肌を引き起こしている原因になります。

乾燥肌は日常のケアが重要

乾燥肌は日常のケアが重要

乾燥肌は日常のケアが重要

乾燥に気がつくのは、秋がほとんど。過酷な肌環境の夏を乗り越えて、気温・湿度ともに低下したときに、肌からしっとりとしたなめらかさが消えて気づくことが多いようです。その頃の季節の肌は、UVプロテクトや帽子&日傘などで紫外線をカットしたつもりでも夏の強い紫外線の影響は受けていて、紫外線ダメージによる乾燥も多いのです。また、夏は皮脂分泌が活発で汗もかきやすいため、うるおいがあると勘違いして肌に十分なお手入れを怠っている場合も。さらに暑いときは冷たい食べものばかりを好んで栄養のバランスが崩れている人や、暑さで睡眠不足を起こすなど不規則な日常生活を送る人が多いせいもあるようです。
この状態と加齢が、まさに乾燥肌の原因です。ひとつだけでなく、いくつもの要因が重なり合って乾燥肌を引き起こします。さらに夏場は暑さ対策などでエアコンが必要となり、年間を通してエアコンを使っているオフィスや家庭が多く、どうしても室内の空気は乾燥しがちです。そのため、肌も乾燥して肌年齢を加速させている場合もあります。
水分と油分のバランスのとれた正しいスキンケアを毎日きちんとすることが大切です。同時にスキンケアの成分にヒアルロン酸、ビタミンC、コエンザイムQ10など、肌を元気にするのに効果的な基礎化粧品を使う配慮が必要です。日常生活に気配りをするのはもちろんですが、加湿器なども必要に応じて使うことも考慮すべきでしょう。

乾燥肌の対策と保湿方法

乾燥肌の対策と保湿方法

乾燥肌の対策と保湿方法

乾燥肌の対策は顔ばかりではありません。顔はもちろん重要なパーツですが、ボディの乾燥にも十分に気をつけたいものです。

顔はさらさらしているけれど、ボディは衣服に包まれているから大丈夫といった考えは、大きな落とし穴です。若いうちは背中ニキビに悩む人もいますが、年齢を重ねるとボディの肌は思ったより乾燥してきます。始めはかゆみがあり、掻いているうちにひりつきが始まり、ついには粉を吹いてしまうなど症状がひどくなってしまう場合も。ボディにも保湿効果やバリア機能を高めるのに効果的な成分を配合したアイテムを選びましょう。擦らないようにやさしく洗い、ボディ乳液をつけると、ボディの肌はなめらかに。乳液をつけるときは、やさしくマッサージするように、体の中心から外側に向かってつけると、よりなじみが良く、マッサージによって血行も良くなり、効果的なボディケアができます。
また、手も乾燥しやすい部分です。本来は水仕事の前に使って油分のバリアを作るべきなのですが、そうも言っていられない場合は、水仕事の後・外出前・就寝前などは必ず、そして、ちょっとカサついているかなと感じたら、まめにハンドクリームをつけましょう。しなやかな美しい手は、その仕草とともに人をクラスアップさせること間違いなしです。

乾燥から始まることが多いシワやくすみなどの肌トラブルを起こす前に、早めに乾燥対策をすることが大切です。日常生活を見直し、肌状態に合った成分を含む正しいスキンケア・ボディケアをして、肌を立て直しましょう。

みんなの気になるワード

おすすめ商品

TOP