肌の潤いを保つ保湿ケア

肌の潤いを保つ保湿ケア

美肌を目指すうえで、保湿は欠かすことのできない重要なケアです。多くの女性がその大切さを理解していると思いますが、あらためて保湿の基本をおさらいし、自分の保湿ケアを振り返ってみましょう。潤いを実感できるお手入れのコツもご紹介します。

なぜ保湿が必要なの?

なぜ保湿が必要なの?

なぜ保湿が必要なの?

そもそも、なぜ保湿をしなければいけないのでしょうか?肌が潤っている状態と乾燥している状態の違いとは…?「スキンケアしているのに、潤いをあまり感じられない」という人は特に、ここからしっかり再確認を!

●肌の潤いを保つしくみ

美しく健康な肌を目指すなら、「潤い」は必須条件。肌の潤いは、肌表面を覆う皮脂、角層内の天然保湿因子と角質細胞間脂質という3つの物質によって一定に保たれています。潤った肌はバリア機能が正常に機能し、乾燥から肌を守り外部からの異物や刺激の侵入を阻む役割を担っています。

●肌の潤いが不足すると…

肌の潤いを守る3つの保湿因子が加齢などの影響で減ってしまうと、角層の水分も減少し、バリア機能が正常に働かなくなってしまいます。
すると、外部からの刺激を受けやすくなり、肌あれやシミ、くすみ、シワなどさまざまな肌トラブルの引き金に。

●保湿ケアとはどういうこと?

保湿ケアをする時、とにかく水分だけをパシャパシャと与えようとしがちですが、それだけでは十分な保湿とは言えません。肌の潤いをしっかりキープするためには、水分と油分のバランスが大切です。また、洗顔や入浴のあとに、肌を無防備な状態で放っておくのも乾燥を招く原因です。肌の水分がどんどん蒸発してしまいます。化粧水で水分を与えたあとは、乳液やクリームなどの油分を優しくなじませて、潤いを逃がさないようにケアしましょう。

季節の肌状態と保湿のワンポイント

季節の肌状態と保湿のワンポイント

季節の肌状態と保湿のワンポイント

美肌のために重要な保湿ケアですが、肌の状態に合った保湿ケアをしないと、かえって肌の調子を崩してしまうこともあります。ただやみくもに化粧水や美容液を塗っていたり、ルーティンワークとしておざなりになっていませんか?季節によって陥りやすい肌状態と、お手入れの注意点をご紹介します。

●春

暖かくて過ごしやすい春ですが、昼と夜の気温差は大きく、春風によって肌の水分が奪われやすい季節です。花粉やホコリの刺激で肌あれが起きやすく、徐々に増えていく紫外線量も気になります。紫外線対策を毎日行ない、外から帰ったらなるべく早く肌の汚れを落としましょう。その後は、肌に刺激を与えにくい保湿化粧品で優しくケアします。

●夏

気温も湿度も高くベタつきがちな夏は、肌が潤っているように錯覚してしまいがちです。ところが、汗をかくと肌の水分も一緒に流れてしまううえ、日中の紫外線やエアコンの影響により肌は乾燥しやすいのです。汗や皮脂をケアするだけでなく、こまめな保湿を心がけましょう。もちろん、日中の紫外線対策は必須です。

●冬

気温の下がる冬は、体も肌も冷えやすい時期。冷えにより血流が滞りがちで、肌のターンオーバーが乱れやすくなります。すると、乾燥や肌あれといった肌不調を招いてしまうため、注意が必要です。クリームやジェルなど肌すべりのよいアイテムを塗るついでに、血行をスムーズにするためのツボ押しやマッサージを取り入れてみるのも冬の保湿ポイントのひとつです。

デイリーケアとスペシャルケア

デイリーケアとスペシャルケア

デイリーケアとスペシャルケア

基本的な保湿ケアを毎日続けながら、肌状態に合わせて週に1〜2回の程度、スペシャルケアも実践すると効果的です。

●毎日の基本的なスキンケア

スキンケアのファーストステップは、肌の汚れをきちんと落とすことです。肌の潤いを奪わずに汚れを落とせるクレンジング剤や洗顔料を使って、肌をこすらずに優しく洗います。次に、不足しがちな水分をたっぷり与えるために、化粧水をなじませます。その後、乳液やクリームを、指の腹や手のひらを使って優しく密着させるように塗ります。特に乾燥を感じやすい目もとや口もとは、重ねづけをしたり、部分用の保湿コスメで充分に保湿を。また、うっかり忘れがちな首もとも保湿ケアしておくと、顔全体の印象がつややかで若々しく見えるようになります。

●週に1〜2回のスペシャルケア

週に1〜2回のスペシャルケアには、シートパックが活躍します。肌にハリと潤いを与えるコエンザイムQ10などの成分を濃密に配合したシート状マスクで、顔全体に潤いを閉じ込めましょう。また、リッチなテクスチャーのクリームを少し厚めに肌にのばし、その上から蒸しタオルで温パックするというケア方法もあります。その時の肌状態や気分に合わせたスペシャルケアで、肌と心をリラックスさせましょう。

保湿ケアはスキンケアの基本となるため、一年を通して必要なケアです。季節や肌状態、年齢に合わせて最適な保湿を心がけ、美しく健康的な肌を手に入れたいですね。

みんなの気になるワード

おすすめ商品

TOP