シミの原因と種類・対策

シミの原因と種類・対策

実年齢を重ねるたびに気になってくる顔のシミ。
メラニンは紫外線などさまざまな影響で徐々に蓄積していくため、シミの種類やメカニズムを知り、正しくケアすれば、シミは改善・予防ができます。間違ったケアをしてしまわないためにも、まずはシミについて学びましょう。

シミができる原因

シミができる原因

シミができる原因

シミが肌表面に現れるまでの間に、肌の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか。シミは、メラニンという黒い色素が肌に蓄積することで生まれます。
まずは、メラニンについて学びましょう。

●メラニンができるメカニズムとは

メラニンは、実は肌をダメージから守る壁のようなもの。紫外線やストレスなどの肌ダメージが表皮の一番下にある基底層のメラノサイトを刺激し、メラニンを生み出します。メラニンというと肌の悪者といった誤解を生みがちですが、メラニンが傘のように肌の内側を覆うことにより、ダメージが真皮まで届かないようブロックしているのです。もしメラニンが生み出されないと、紫外線などのダメージが肌の奥まで侵入してしまい、肌の細胞が破壊されてしまいます。

●なぜメラニンは肌に蓄積されてしまうの?

本来は肌にとってうれしい役割のはずのメラニン。そんなメラニンが、なぜシミへと変わってしまうのでしょうか。
主な原因は、紫外線やホルモンバランスの乱れなど、何らかの原因でメラニンが過剰に作られてしまうことにあります。メラニンは本来、ターンオーバーという肌が自ら生まれ変わる機能によって、自然と肌の外へ排出されていきます。しかし、メラニンが過剰に生み出されることで、ターンオーバーで自然に排出できる量を超え、排出できずに肌に取り残されてシミとなってしまうのです。
また、ターンオーバーの乱れもメラニンの蓄積に大きく関係しています。あなたは「年齢とともに、日焼けがもとに戻りにくくなった」と感じたことはありませんか。それは、ターンオーバーが乱れている証拠。加齢によってターンオーバーは乱れ、肌が生まれ変わる周期が長くなっていきます。排出に時間がかかることで、メラニンがどんどん溜まってしまう、ということも考えられるのです。

原因によってシミの種類が違う?!

原因によってシミの種類が違う?!

原因によってシミの種類が違う?!

実はシミには、とてもたくさん種類があります。まずは、自分のシミの種類や原因をチェックしましょう。

●老人性色素班

これまで浴び続けた紫外線が蓄積し、年齢とともに肌の表面に現れてくるシミの代表格。薄茶色で輪郭がはっきりとした類円形をしているのが特徴で、頬やデコルテ、手など日光に当りやすい箇所にできやすいとされています。
一般的には40歳前後から現れることが多いのですが、色白の人や紫外線をよく浴びる人は20代から現れ始めることも。

●炎症性色素沈着

ニキビや怪我など、肌が何らかの炎症を起こした後に、その跡が茶色く残ってしまったものを指します。ほとんどが一時的で、時間とともにだんだん薄くなっていくものですが、これも紫外線ダメージやターンオーバーの乱れによって肌に残ってしまい、色素沈着を引き起こすことがあります。

●そばかす

色白の人に多く、頬や鼻に細かな斑点ができるもの。遺伝的な要素が原因となることもありますが、紫外線も大きく関わっています。
紫外線を浴びすぎたり、ターンオーバーが乱れたりすることで、新しいそばかすが増えるだけでなく、濃くなってしまいます。
また、そばかすは他のシミと違い、子どもの頃からでき始めるのが特徴。年齢に関係なく早いうちからの紫外線対策が重要です。

シミの対策をしよう

シミの対策をしよう

シミの対策をしよう

シミは毎日きちんとケアしないと、どんどん濃くなっていくばかり。対策のポイントをおさえて、この先の肌を美しく保ちましょう。

●紫外線対策はオールシーズンが鉄則!

紫外線対策は夏だけしていれば大丈夫と思っていませんか。日差しが強くない季節でも、紫外線は降り注いでいます。夏のように強い日焼け止めは必要ありませんが、外出するときはUVカット効果のあるものを使うのがおすすめです。

●美白効果のある化粧品を上手に活用

美白有効成分を含んだ化粧品は、シミのケアの強い味方。中でも注目の美白成分の1つに「ビタミンC誘導体」があります。この成分はメラニンの生成を抑えて色素沈着を防ぐ作用はもちろん、新陳代謝を促す作用、皮脂分泌のコントロール作用、肌をなめらかにする作用など、肌にうれしい効果がたくさんあります。
その他にも日焼けによるシミやそばかすを防ぐ薬用成分「プラセンタエキス」などシミ対策に欠かせない美容成分はさまざま。自分に合った美白化粧品を見つけて、毎日のお手入れに取り入れてみましょう。

●肌への刺激に注意!

洗顔のときに、こすって刺激を与えてしまうと、今あるシミがさらに濃くなるだけでなく新たなシミを生む原因にもなります。
洗顔料はヒアルロン酸やスクワランなど保湿成分が入った肌にやさしいものを、たっぷりと泡立て、泡で包み込むようにして洗いましょう。また、化粧水やクリームなどをすり込むようにしてつけていませんか。せっかく美白効果のあるスキンケアに変えても、間違った使い方で肌に刺激を与えると、シミになってしまいます。肌を傷つけない心がけが、シミ対策への近道です。

今あるシミを薄くして、これ以上増やさないためにも、自分のシミに合った正しいスキンケアや対策を始めましょう。

みんなの気になるワード

おすすめ商品

TOP