美白とは何か、ご存知ですか?

美白とは何か
ご存知ですか?

美白は体の外側、内側からが正解!
現代の女性たちにとって、美白ケアはもはやブームではなく、“あたりまえ”のものになりました。

そんな「美白」の本当の意味、ご存知でしょうか?
「美白」とは、「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」こと。

ここでは、色素沈着やくすみのない、明るい肌を目指すためのヒントをご紹介します。

■色素沈着を防ぐ美白ケアの方法

色素沈着を防ぐ美白ケアの方法

■色素沈着を防ぐ美白ケアの方法

憧れの美白肌を阻む原因は主に、シミや、くすみだと考えられます。また、肌のきめが乱れると光の反射が弱まるため、透明感が失われてしまいます。これらを防ぐためには、美白と保湿をしっかり意識したスキンケアが欠かせません。

基本中の基本ですが、まずはクレンジングと洗顔をきちんと行なうことが大切です。メイクや皮脂汚れ、不要な角質を落とさなければ、その後に使うスキンケア化粧品の働きも半減してしまいます。肌に潤いを与えながら汚れを落とす洗顔料を使い、ゴシゴシこすらずに洗いましょう。そして、美白有効成分や保湿成分がたっぷり配合されたアイテムで丁寧にケアして、色素沈着を防ぎ、きめをふっくら整えることがポイントです

シミの原因と種類・対策

シミの原因と種類・対策

シミの原因と種類・対策

年齢とともに目立ち始めるシミは、女性を悩ませる厄介なものです。「美白の大敵」として、まっさきに思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。シミの原因となるのは、メラニン色素です。紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されますが、健康な肌であればターンオーバーとともに徐々に体外へ排出されます。ところが、ターンオーバーが乱れていたり、メラニン色素が過剰に発生したりすると、排出しきれずにシミとなって現れるのです。

シミを防ぐには、日焼け止めなどを使って日常の紫外線から肌を守ることが大前提。美白有効成分を含む美白化粧品をスキンケアに取り入れ、メラニンの生成を抑えることも必要です。また、ひとくちに「シミ」と言ってもいくつか種類があり、原因や形状、できやすい場所などが異なります。
それぞれの特徴を知り、適したお手入れを心がけましょう。

主なシミの種類

  • ・老人性色素斑
  • ・そばかす
  • ・炎症後の色素沈着など
美白の盲点!くすみの原因と種類・対策

くすみの原因と
種類・対策

美白の盲点!くすみの原因と種類・対策

「肌がなんとなく冴えない…」と感じたら、それはくすみのせいかもしれません。肌の明るさや透明感が失われた状態で、美白印象を妨げる一因となってしまいます。「汚れや皮脂によるくすみ」、「古い角質の積み重なりによるくすみ」、「メラニン色素の沈着によるくすみ」、「血行不良によるくすみ」など、くすみにはいくつかのタイプがあります。シミと同様、それぞれの原因を知ったうえで、肌に合ったケア方法を取り入れて透明感を取り戻しましょう。

主なくすみの種類

  • ・汚れくすみ
  • ・角質肥厚くすみ
  • ・乾燥くすみ
  • ・メラニンくすみ
  • ・血行不良くすみなど
内側からアプローチ!食生活から実践する美白ケア

食生活から実践する
美白ケア

内側からアプローチ!食生活から実践する美白ケア

紫外線対策やスキンケア化粧品による保湿&美白のほかに、あわせて実践したいのが内側からの美白ケアです。私たちの体も肌も、食事から摂取した栄養素で作られ、機能しているからです。健康的で透明感のある美白肌のためには、必要な栄養素をたっぷり含んだ食品を、バランスよく摂ることが必要不可欠と言えるでしょう。

食生活で美白ケアをサポートするために、積極的に摂りたい栄養素が大きく分けて3タイプあります。1つめは、メラニン色素の過剰生成を抑制するもの。代表的な成分はビタミンCやL-システインです。2つめは、肌のターンオーバーを整えて、メラニンの排出を助ける栄養素。ビタミンA、B群、E、L-システインなどがその役割を担っています。3つめは、潤いあふれる健やかな肌づくりに欠かせない栄養素。ミネラルやコラーゲン、コエンザイムQ10などの成分です。
ほかに、女性は特に鉄分不足にも注意したいものです。鉄分が不足すると貧血になりやすく、くすみや顔色の悪さにつながります。

食事だけではなかなか摂取できないものや、体の中に蓄積しておくのが難しい成分もあるので、食事の補助としてサプリメントで摂るのもひとつの方法です。

スキンケアで外側から、食事で内側から、毎日コツコツ美白ケアを続けることが美しい肌を手に入れるための最善策です。
自分にできることからスタートして、憧れの美白肌にグッと近づきましょう!

みんなの気になるワード

おすすめ商品

TOP