恋愛相談師マーチンが伝授!
30歳からの婚活に、奇跡が起こる恋愛指南! こんな女性となら結婚したい!
マーチンマーチン

これまで11年間、本当にたくさんの女性の恋愛を見てきましたが、「結婚できない、相手がいない」と主張する女性には、共通点があります。それを大きく5つに分けてみました。ちょっと長くなってしまうので、今回は2つを先にご紹介しますね。

理由1 細かい条件にこだわりすぎる

マーチンマーチン

「ありそうで、なさそうで、でも本当にある!」のが、相手に対する細かい条件を重視しすぎることです。
僕の恋愛相談歴11年間で、何度あったかわからないくらい多いです。
こういう女性は「ある程度まではうまく進むけど、最終的に結婚に結びつかずに、土壇場で自ら切る」というパタンが目立つのが特徴です。

男性の性格全般や経済力などは自分の条件や理想に合っているため、結婚の話も出るのですが、いざとなったときに、

「親の世話をする、しない」
「専業主婦になる、ならない」
「マンションを買う、買わない」
「結婚式はどこでするか、神式かどうか」

と、結婚のオマケみたいな話で折り合いがつかずに揉めてしまい、お互いが譲歩せずに破談となるという、大変もったいないケースです。
そして、「先生、なかなかいい男性に出会えません」と相談に来るのですが、
「いえ、それはすでに出会えているじゃないですか……」
と、僕は思ってしまいます。

編集N編集N

でも先生、「親の世話をする、しない」、「専業主婦になる、ならない」、「マンションを買う、買わない」、「結婚式はどこでするか、神式かどうか」……細かいですか?
細かいとしても、全部大切なことだと思うんですけど…。
だって、それが合わないと、結婚したって不幸にしかならないですよ?

マーチンマーチン

では聞きますが、
本当に大切ですか? 合わないと絶対に不幸になりますか?
たとえば、「専業主婦になれないくらいなら、一生独身でいい」ということですか? 
Nさんだって結婚したいんですよね? 
だったら想像してください。10年後の、独身の自分。

編集N編集N

……(想像中)……ぎょえぇぇ〜。先生の言ってること、なんかわかりました。鳥肌立っちゃった…。

マーチンマーチン

それに現実として、最初の約束通りに行かないことも少なくないでしょう。
結婚前は「専業主婦でいいよ」「親の介護は必要ない」などと彼が言ってくれていたとしても、未来は何が起こるか分かりません。
誰も将来を「絶対に」保証はできないのです。

編集N編集N

それは確かにそうですね。 
特にこのご時世、何が起こるかわかりませんね。

マーチンマーチン

ですから、これらのことを考えすぎてご縁をフイにするのは、本当にもったいないということです。
そもそも、こんな細かいことを、あれもこれも考えていたら、どこかで合わないところが絶対に出てきます。

本当に大事なところだけを条件として見ることが大事でしょう。
たとえば、「ちゃんと生活できるだけの経済力があって、男性として頼れる、魅力がある」などです。

そして自分もです。
何が起こっても乗り越えられる自分に成長していないと、誰と結婚しても幸せにはなれないでしょう。

編集N編集N

本当に大事なことかぁ。ちょっと考えちゃいますね。 

マーチン先生の著書

こちらもオススメ