DHC通信講座のご案内 DHCの翻訳入門講座で翻訳を副業に! 通勤のない仕事につきたいなぁ 好きな時間と場所で働きたい 英語のスキルを活かしたい!DHC通信講座のご案内 DHCの翻訳入門講座で翻訳を副業に! 通勤のない仕事につきたいなぁ 好きな時間と場所で働きたい 英語のスキルを活かしたい!

実務翻訳ベーシックコース(WEB版)
"実務翻訳ではこう訳す”という「文法・語法」を学びながら、プロ翻訳者に必須の「翻訳の基本テクニック」が身につく英日翻訳×実務分野の入門講座、決定版です。
¥22,000(税込)

ご存知でしたか?

DHCは“化粧品や健康食品のリーディングカンパニー”であるだけでなく、“40年以上の歴史と10,000社以上の取引実績を誇る翻訳会社”、“さまざまなレベルの語学書などを600冊以上手がける出版社”でもあるのです。

そのノウハウをもとに開発された講座、それが「DHC通信講座」です。

ご存知ですか?実は、翻訳市場全体の約9割実務翻訳!?

出版翻訳や字幕翻訳など翻訳にもさまざまな分野がありますが、翻訳業界で扱われる案件の約9割を占めると言われるのが、ビジネス文書を対象とした実務翻訳という分野なのです。

「実務翻訳ベーシックコース(WEB版)」ならあなたの英語スキルを活かして、プロ翻訳者への第一歩を踏み出せる! [実務翻訳]実務翻訳ベーシックコース 英日実務翻訳コース [翻訳一般]eラーニングで学ぶ「ゼロからの翻訳」シリーズ(基礎コース→強化コース→実践コース) 翻訳者デビューのチャンスをご用意!「英日実務翻訳コース」「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳3』実践コース」の成績優秀者は翻訳者として推薦されます。「実務翻訳ベーシックコース(WEB版)」ならあなたの英語スキルを活かして、プロ翻訳者への第一歩を踏み出せる! [実務翻訳]実務翻訳ベーシックコース 英日実務翻訳コース [翻訳一般]eラーニングで学ぶ「ゼロからの翻訳」シリーズ(基礎コース→強化コース→実践コース) 翻訳者デビューのチャンスをご用意!「英日実務翻訳コース」「eラーニングで学ぶ『ゼロからの翻訳3』実践コース」の成績優秀者は翻訳者として推薦されます。
事実これまで190名以上の方がDHCから翻訳者デビュー!※事実これまで190名以上の方がDHCから翻訳者デビュー!※
  • ※「DHC通信講座」全体の累計。
実務翻訳ベーシックコース(WEB版)
"実務翻訳ではこう訳す”という「文法・語法」を学びながら、プロ翻訳者に必須の「翻訳の基本テクニック」が身につく英日翻訳×実務分野の入門講座、決定版です。
¥22,000(税込)

はじめて実務翻訳を学ぶ方にも最適! 実務翻訳ベーシックコース 主な特長はじめて実務翻訳を学ぶ方にも最適! 実務翻訳ベーシックコース 主な特長

1

3カ月という短期間で、実務翻訳の基本テクニックとそれを活用するための応用力が習得できます。

「実務翻訳ベーシックコース」は、30年以上にわたり翻訳の最前線で活躍してきた実務翻訳のプロ、佐藤洋一先生が監修・執筆を担当。実務翻訳のプロになるための基礎固めとして最適な講座を、という先生の想いから開発された講座です。

講座の監修・執筆者

佐藤 洋一 佐藤翻訳事務所 代表/実務翻訳家

国際基督教大学教養学部理学科卒業後、東京工業大学大学院修士課程を修了。大学在学中から、論文・特許などの翻訳を始め、翻訳会社勤務を経て、フリーの実務翻訳者として独立。長年、翻訳学校講師を務め、数多くの翻訳家を育てている。『BASIC800で書ける!理系英文』(ソフトバンククリエイティブ)や『はじめての理系英語リーディング』(アルク)、『詳解 技術英文大全』(オーム社)など、著書・訳書も多数。
DHC通信講座では本講座以外にも「英日実務翻訳コース(WEB版)」、「日英実務翻訳コース」(テキスト5,6)の監修・執筆も担当。

2

「実務翻訳に直結する英文法」を通じて、実際の翻訳現場でも使えるノウハウを学ぶ学習メソッド。

「実務翻訳に直結する英文法」とはどのようなものなのか、その具体的な一例として、テキストからの抜粋を通じて実際に見てみましょう。

「実務翻訳ベーシックコース」の学習内容を体験!

Q チャレンジ! 次の英文の不定冠詞がついた語句(太字)を意識して、「ですます」調で日本語に訳してください。 A defective component may cause the entire machine to stop. Q チャレンジ! 次の英文の不定冠詞がついた語句(太字)を意識して、「ですます」調で日本語に訳してください。 A defective component may cause the entire machine to stop.

あなたの訳文は、下記のどちらに近かったでしょうか?

△訳例:欠陥のある部品がマシン全体の停止を引き起こすことがあります。 〇訳例:1箇所でも部品の故障があると、マシン全体が停止することがあります。 △訳例:欠陥のある部品がマシン全体の停止を引き起こすことがあります。 〇訳例:1箇所でも部品の故障があると、マシン全体が停止することがあります。

「○訳例」のように訳せた方は、実務翻訳にすぐ役立つ英文法力を既にお持ちの方かもしれませんね。
この文のポイントは、不定冠詞 “a” の訳し方なのですが、ここで用いられている “a” は、実務翻訳における最も基本的なテクニックのひとつである「不定冠詞の条件的用法(もし〜があると)」として用いられています。これは、お手元の辞書や文法書には、ほとんど出ていない用法だと思います。
このように、本コースでは実務翻訳に役立つ文法学習を各品詞ごとに行い、その訳し方のポイントやコツを演習を通じてマスターすることができます。

では次に、簡単な例文にトライしてみましょう。

Q 前置詞に注目して、次の英文を「である」調で日本語に訳してください。 The electric current across the metal rod was 25mA. ヒント:electric current「電流」 metal rod「金属棒」 Q 前置詞に注目して、次の英文を「である」調で日本語に訳してください。 The electric current across the metal rod was 25mA. ヒント:electric current「電流」 metal rod「金属棒」
△訳例:その金属棒を横切る電流は25mA(ミリアンペア)だった。 〇訳例:その金属棒を流れる電流は25mA(ミリアンペア)だった。 △訳例:その金属棒を横切る電流は25mA(ミリアンペア)だった。 〇訳例:その金属棒を流れる電流は25mA(ミリアンペア)だった。

前置詞 across の本来の意味は「〜を横切って」ですが、「その金属棒を横切る電流」(△)では不自然な日本語表現になってしまいます。ここでは、「その金属棒を流れる」(○)のように、前置詞を日本語として自然な動詞になるように訳すとよいでしょう。「〜を流れる」のような訳語は、一般の英和辞書で across を引いても掲載されていません。翻訳においては、こうした前置詞の真意を読み取り、文意に応じて訳し分ける必要があります。
このように、本コースでは「前置詞を名詞や動詞のように品詞転換」して、個々の文脈で自然な日本語表現になるように工夫することができる力も身につきます。

3

実務翻訳に直結した「文法・語法」と「翻訳の基本テクニック」が同時に身につくカリキュラム。

カリキュラム例(一部抜粋)

テキスト1(1カ月め)の一部

はじめに:「実務翻訳の英文法」の世界にようこそ!

  1. @実務翻訳の英文法とは―これだけは知っておきたい
  2. A「文法事項」と「語法」はどう違う
  3. Bどうして英文法を再学習するのか
  4. C英文の基本構造はこうなっている
  5. D基本文型をおさらいしてみましょう
  6. E日本語と英語にはこんなにギャップが
  7. F日本語と英語の品詞のパターンは
  8. G日本語にない冠詞と前置詞
  9. H効果的な学習法とは
  10. Iまとめ―実際に翻訳へ応用してみましょう

レッスン1:名詞

  1. @可算名詞と不可算名詞
  2. A単数形と複数形
  3. B代名詞と動名詞
  4. C名詞から他の品詞への転換
  5. D名詞の複数形と無生物主語
  6. E固有名詞
  7. F一般用語か専門用語か

EXERCISE(1)

テキスト3(3カ月め)の一部

レッスン11:基本的な翻訳テクニック

  1. @直訳、意訳、対応表現
  2. A一般用語と専門用語の区別
  3. B前置詞と冠詞
  4. C自然な日本語表現の工夫
  5. D頭から訳す
  6. E迷ったら直訳が原則

EXERCISE(11)

レッスン12:各種の応用テクニック

  1. @和製英語を避ける
  2. A冗長表現と重複表現
  3. B英訳上達のコツ
  4. C真意を汲み取る
  5. D最適な表現を選択する
  6. Eポイントを見抜く

EXERCISE(12)
コラム4:Q&Aから読み解くワンポイント〜翻訳のスピードUP、訳語選択のコツ〜

講座の「デジタルカタログ」、「よくあるご質問」などもご紹介 講座詳細ページへ講座の「デジタルカタログ」、「よくあるご質問」などもご紹介 講座詳細ページへ

講座の体験談

“翻訳者”になるために何が必要か、よくわかりました。

「とにかく実務翻訳家になりたい!!」そんな一心で「実務翻訳ベーシックコース」を受講しました。
この講座で学習する中で、“英語が得意な人”から“翻訳者”にステップアップするために必要なことがよくわかりました。そして、今までの自分がいかに無頓着な訳を作っていたのかが、痛いくらいにわかりました。...というか、痛いです!
講座は修了しましたが、今後も何度も復習をして内容を定着させつつ、新しい講座にも挑戦しようと思っています。

北海道 前田 愛美さん

“基礎が大切”と思い、このコースを受講しました。

英語はもともと得意で仕事で翻訳を頼まれることもありましたが、自己流でなんとかこなしていることに不安を感じていました。やはり基礎が大切と思いこのコースの受講を決めました。
このコースで勉強してとても良かったことは、

  1. 1.抜けていた知識、はっきり確信が持てなかった文法事項を確認できた
  2. 2.添削がとても丁寧で、独学する際のヒントをたくさん得ることができた
  3. 3.課題がバラエティに富んでいて、楽しんで取り組めた

ありがとうございました!

東京都 M.T.さん 会社員

添削の先生方の優しいご指導で、やる気が途切れず最後まで勉強できました。

以前から翻訳の勉強はしたかったのですが、気持ちが続くかどうか自信がなくあきらめていました。ところが、こちらのコースは受講期間が3カ月と短く、これならやり切ることができそうだと思い、始めてみました。
内容はたいへん分かりやすく、簡単かと思いきや、意外に難しく、添削課題は毎回テキストを何回も読み直して、じっくりていねいに取り組まなければなりませんでした。それでも、先生方がたいへん優しくご指導してくださったので、やる気が途切れることなく最後まで集中して勉強することができました。
このような内容・やり方ならば、また勉強を続けていくことができると思います。どうもありがとうございました。

富山県 M.K.さん 主婦

文法事項を再確認でき、さまざまな翻訳テクニックを学ぶことができました。

実務翻訳者を目指したものの、何から始めたらよいか迷っていた際にこの講座を見つけ受講しました。
テキストを通じて文法事項を再確認でき、「品詞の転換」「不定冠詞の条件的ニュアンス」等の翻訳テクニックを学ぶことができました。
添削課題では、自分の日英翻訳力の未熟さを痛感しました。日英翻訳力の向上を目指し「日英実務翻訳コース」を受講したいと思います。

東京都 石井 毅さん 自由業

充実した内容の講座で、添削指導も素晴らしかったです。

製薬会社に長い間勤務しているうちに、メディカル分野の翻訳に興味を持つようになり、そのスタートとしてこの講座を受講しました。英日翻訳のカテゴリーに入っていますが、日英の演習も多く、充実した内容の講座でした。それに加えて素晴らしいと思ったのは、添削指導です。毎月の課題の総評には、自分の訳の良かった点と悪かった点が明記されていて、苦手とする冠詞、定冠詞をはじめとした文法的なミスについても、細かく、丁寧な説明が書いてありました。講座を修了する前に、翻訳担当の部署に異動になりました。そのため、次は「日英メディカルコース」を受講しますが、総合評価A・推せんがもらえることを目標にして講座に取り組みたいと思います。

東京都 秋葉 奈津子さん

実務翻訳ベーシックコース(WEB版)
"実務翻訳ではこう訳す”という「文法・語法」を学びながら、プロ翻訳者に必須の「翻訳の基本テクニック」が身につく英日翻訳×実務分野の入門講座、決定版です。
¥22,000(税込)
  • ここでご紹介している商品の画像や内容は変更になる場合がございます。