現在500社以上の企業でDHCの英語講座を自己啓発または社員教育用教材としてご活用いただいております。

〒106-0041 東京都港区麻布台1-5-7 TEL:03-3586-4809

英文ライティング ウィークポイント強化 インテンシブコース

英文ライティング ウィークポイント強化 インテンシブコース
教材内容 コースガイド 1冊(サンプルPDF
テキスト 6冊(サンプルPDF
サーチマニュアル 1冊
質問 6回
受講期間 6ヵ月
提出課題 Web提出課題 6回(課題の提出はWeb経由。添削結果の受け取り、質問はEメール)
受講料 35,200円(税込)

インターネットへの接続環境、メールソフトが必要です。

課題提出【動作環境】
<パソコン>Windows 8.1以上+IE 11または Google Chrome最新版

  • TOEIC® L&Rスコア500点程度以上
  • 英文ライティングにおいて、現状以上の作成能力を身につけたい方

日本人の英文ライティングの弱点を6つのテーマとして選定し、その克服と強化を目指します。

テーマを「冠詞」「前置詞」「時制」「副詞類」「類義語」「論理的な文章展開」の6つに絞って、重点的に効率よくスキルアップ
本講座は、DHCの翻訳会社としての長年にわたる実績と、各種英文ライティング講座における添削指導の経験から、とくに日本人が英文ライティング時に誤りやすいテーマを選び出してありますので、効率よく重点的なスキルアップが可能です。
英文を「書く」ための実践的なルールが学べ、日本人の発想にはない、正確かつ自然な英文が作成できます
文法的なルールは文法書からも学べますが、そのルールを応用して自然な英文を書くことは容易ではありません。ルールの応用を誤ると、意味がまったく通じなくなったり、意味はなんとか通じても英語として不自然な文章になることがあります。本講座では、正確な文法をふまえたうえで、「書く」ことに応用できる実践的なルールが着実にマスターできます。
ネイティブのテクニカルライターによる添削指導
課題の添削・講評はすべてDHC U.S.オフィスの専任ネイティブスタッフがひとりひとり丁寧にチェックします。ネイティブの添削指導により、日本人が気付かない欠点を補正できます。

文法事項の丸覚えではなく、「なぜネイティブはそう書くのか」を理解しながら学習していくことで、よりネイティブに近い英語感覚が養えます。

■カリキュラム

学習項目
1カ月目
テキスト1
冠詞の意味と用法
レッスン1
  1. 名詞の重要性
  2. 不定冠詞 a/an
レッスン2
  1. 無冠詞
  2. 総称の表現
レッスン3
  1. 定冠詞-Direct Prior Reference
  2. 定冠詞-Indirect Prior Reference
  3. 定冠詞-Logical Uniqueness
レッスン4
  1. 定冠詞-Common Knowledge
  2. 定冠詞-Situational Knowledge
  3. 定冠詞-Immediate Specification
  4. 定冠詞-Mixed Types
提出課題 第1回添削課題提出
2カ月目
テキスト2
前置詞の意味と使い分け
レッスン1
  1. 基本前置詞 at
  2. 基本前置詞 by
  3. 基本前置詞 for
  4. 基本前置詞 in
レッスン2
  1. 基本前置詞 of
  2. 基本前置詞 on
  3. 基本前置詞 to
  4. 基本前置詞 with
レッスン3
  1. 意味別に前置詞を学ぶ-TIME(時)
  2. 意味別に前置詞を学ぶ-MOVEMENT(動き)
レッスン4
  1. 意味別に前置詞を学ぶ-LOCATION(場所・位置)
  2. 意味別に前置詞を学ぶ-RELATIONSHIP(関係)
提出課題 第2回添削課題提出
3カ月目
テキスト3
適切な時制の選択
レッスン1
  1. 時制を決める要素
  2. 現在の表し方(Present Time)
レッスン2
  1. 未来の表し方(Future Time)
  2. WillとWouldを使い分ける翻訳実践
レッスン3
  1. 過去の表し方(Past Time)
  2. 過去の文章で使うWould
レッスン4
  1. 時制の規制の例外
  2. 翻訳実践(過去)
提出課題 第3回添削課題提出
4カ月目
テキスト4
副詞類の位置と効果的な用法
レッスン1
  1. 副詞類とは
  2. 副詞類の位置-End Position
レッスン2
  1. 副詞類の位置-Beginning Position
  2. 副詞類の位置-Middle Position
レッスン3
  1. 複数の副詞類を同時に使う
  2. 焦点の副詞類
レッスン4
  1. 否定文での副詞類の位置
  2. 不定詞と共に使う副詞類
  3. 適切な表現の選び方
提出課題 第4回添削課題提出
5カ月目
テキスト5
類義語の選択
レッスン1
  1. 組織(会社、部・課、人員など)
  2. 仕事(会議、契約、顧客など)
  3. 金銭(報酬、支出)
レッスン2
  1. 職場(工場、倉庫、機器など)
  2. 行動(申し立て、要求、調査など)
  3. 形容詞(優れた、有効な、疑わしいなど)
レッスン3
  1. 状態・変化(含む、減らす、終了する)
  2. 操作・更新(防ぐ・守る、改造する、交換する)
  3. 授受(与える、貸す・借りるなど)
レッスン4
  1. 陳述・関係(発表する、会う、雇う)
  2. 考察(予定する、見積もる、理解する)
  3. 副詞(非常に、最近、すぐに)
提出課題 第5回添削課題提出
6カ月目
テキスト6
論理的な文章展開
レッスン1
  1. 名詞修飾のパターン1:後置修飾
  2. 名詞修飾のパターン2:前置修飾
レッスン2
  1. 名詞句と代名詞の効果的な使い方
  2. 句読点
レッスン3
  1. 文章の基本
  2. 文章の連続性
  3. パラグラフの組み立て
レッスン4
  1. ドキュメントの組み立て
  2. ビジネスレターに見る文章構成の比較
提出課題 第6回添削課題提出