四季の花々が彩る、美しい田園のまち

下妻市は、東京から約60kmのところに位置する、緑と水に恵まれたのどかな田園都市です。「花のまち しもつま」をスローガンに、季節の移ろいとともに桜やポピー、あじさいにキンセンカなどの花々が咲きほこり、まちを彩ります。自然や四季を感じられる田舎の生活と、住みやすさを感じるまちづくりを行っており、市内はコミュニティバス「シモンちゃんバス」を運行。市独自の便利さも追求しています。

  • DHCのふるさと納税返礼品

  • このまちの魅力

下妻市ってどんなところ?

茨城県南西部に位置する下妻市。どこまでも続く田園風景は映画の舞台となるほど圧巻です。一方アクセスは常総バイパスが走り、圏央道常総ICも近いためアクセスも良好。筑波サーキットもありレースやイベント開催日には多くの人で賑わいます。

有数の梨の産地で、県から銘柄産地指定を受けています。甘みたっぷりの「幸水」や、ほのかな酸味の「豊水」、実が大きく柔らかい「あきづき」など、赤梨が主力品種。米どころとしても知られ、もちもち感が特徴の「ミルキークイーン」は、下妻市が発祥の地といわれています。

下妻の戦国武将、多賀谷氏の城跡で行われる「多賀谷時代まつり」。その見どころは、川越藩火縄銃鉄砲隊保存会による古式火縄銃演武です。火縄銃から発せられる銃声は、まさに轟音。その他にも、武者大名行列や万燈神輿、山車の練り歩きなど、当時をしのばせる迫力ある演目が繰り広げられます。

下妻市おすすめスポット

砂沼 下妻市のシンボル、砂沼。筑波山を望み「茨城百景」に選定されている景勝地です。周囲には公園や飲食店があり、桜まつりや花火大会など季節ごとにさまざまなイベントも。景色を見ながら散歩や釣りなどを楽しめます。南岸には、「さん歩の駅サン・SUNさぬま」があり、景色を眺めながらお茶や食事が楽しめます。

ビアスパークしもつま 地下1,500mから湧き出す天然温泉。自然に囲まれた露天風呂に、薬湯・気泡湯、うたせ湯、つぼ湯などで、癒しのひとときを過ごせます。施設内レストランでは、新鮮な地産食材を使った料理と、隣にあるビール工房で作られた味わいのある3種の地ビールを楽しめます。

道の駅しもつま 農産物直売所では、下妻市農産物出荷組合の新鮮で安心安全な野菜や果物などを販売しています。納豆工場を併設しており、下妻産大豆を使用した、しもつま納豆「福よ来い」の製造見学をすることができます。

下妻市とDHCの取り組み

しもつまメタボ解消健康プロジェクト国民健康保険特定保健指導に該当した住民を対象に「DHCプロティンダイエット」シリーズとパーソナルサポートによる3ヵ月間の減量プログラムを実施。メタボ解消に向けて取り組んでいます。

脂質異常症対策セミナーDHC講師による『コレステロール改善術』に関するセミナーを実施。セルフチェックの方法や毎日の生活で取り組むことの出来る運動方法について講演しました。