日本一のサツマイモが育つ、弐湖のまち

茨城県の南東部に位置する行方市は、日本で2番目に大きな湖・霞ヶ浦と北浦の2つの湖に面した自然豊かなまちです。レンコン、チンゲン菜、みず菜、エシャレットなど60品目以上の農作物が研究熱心な生産者により栽培されています。なかでも日本一のサツマイモ産地として名高く、2017年には日本農業賞大賞と農林水産祭天皇杯をW受賞。日本初のサツマイモのテーマパーク「なめがたファーマーズヴィレッジ」もあり、日本の農業を盛り上げています。

行方市ってどんなところ?

霞ヶ浦と北浦の2つの湖に面した水はけがよい豊かな大地を生かし、サツマイモを筆頭に生産される農作物は、年間60品目以上。関東のサラダ用みず菜の発祥の地であり、ちんげん菜や香菜(パクチー)の生産量がトップクラスであるため、市場などから高い評価を受けています。

防災対応型エリア放送「なめがたエリアテレビ」が2016年に開局しました。防災・減災対策の一環として導入し、テレビやワンセグ機能付き端末に向けて放送しています。普段は市民参加型の番組を放送。市民全員が情報発信源となる「情報発信日本一」を目指しています。

2017年12月に“千年を超えて存続している集落”として、行方市麻生地域が茨城県初の「千年村」に認証されました。また、毎年7月には行方市指定無形民俗文化財の「馬出し祭り」が八坂神社で開催されます。ヤマタノオロチとスサノオノミコトに見立てた馬と神輿が境内でもみ合う迫力ある戦いを繰り広げ、参拝客の心を魅了します。

行方市おすすめスポット

なめがたファーマーズヴィレッジ サツマイモと農業の体験型テーマパーク。廃校になった小学校を再活用し、地元野菜を使ったレストランやサツマイモ加工工場なども併設。「産業」だけではなく「福祉」「教育」などの生活に密着する分野の活性化を目指して造られた、大人から子どもまで楽しめる施設です。

天王崎公園 霞ヶ浦に面し、筑波山と富士山を一望しながら湖畔散策ができる公園。映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のロケ地としても使われるほどのビュー・スポットとして知られており、夕方になると霞ヶ浦に太陽が沈む素晴らしい景観を望むことができます。

西蓮寺 782年に創建された天台宗の寺院、西蓮寺。紅葉時には県の天然記念物に指定される、樹齢1000年以上の2本の大銀杏が境内一面を黄金色に染め上げます。一転、桜の季節にはソメイヨシノが咲く、春と秋で姿を変える美しい寺院です。毎年9月末には、僧侶たちが7日7夜にわたって堂内を廻りながら読経する“常行三昧会(じょうぎょうざんまいえ)”が行われます。

行方市とDHCの取り組み

こころの健幸セミナーDHC講師による『こころの健幸』セミナーを行い、心身ともに健康でいるためのポイントについて講演しました。

オリジナル商品共同開発行方市の特産である紫いもを使用したビール「行方の紫福しふく」をDHCビールと共同開発しました。 »詳しくはこちら

なめがた湖と大地の春まつり2019協賛

なめがたトマティーナ協賛

共同開発品

ふるさと納税額 コース
10,000円
行方なめがた紫福しふく 330ml×6本
・行方の紫福 330ml×6本

行方なめがた紫福しふく

生産者の努力で培われた
新品種のサツマイモを使用したビール
2018年に品種登録された「ふくむらさき」を使用。サツマイモ王国・行方市オリジナルのクラフトビールです。「ふくむらさき」は、従来の紫イモにはないしっとりとした食感と高い糖度を兼ね揃えています。その風味を活かしながらも、スッキリと飲みやすい逸品に仕上げました。

「行方の紫福」に込められた願い 原料の「ふくむらさき」は漢字を当てると“福紫”。「美味しさで食べた人を幸せにしたい」という原料生産者の想いを受け継ぎ、ビールを飲んだ方が至福の時を過ごせるように名付けました。

サツマイモの豊かな香りとほのかな甘み ほのかな甘みを感じられる、軽やかな味わいのペールエール。鼻に抜ける香りも心地よく、上品な「ふくむらさき」の風味を感じられます。

ふるさと納税返礼品としてご用意しています。
★詳しくは行方市の返礼品紹介ページをご覧ください。