2016年7月のレポートテーマ

食欲がないときにオススメの食事

レポート数:2件

食欲不振の時におススメする食材は、栄養バランスの良い豆類です。

豆は、言わば卵のような完全食品なので、少量でも毎日食べるように心がけるといいと思います。
夏は枝豆がおいしいですね。

豆の加工品の豆腐を、冷や奴や味噌汁などにすると、毎日食べられます。豆乳ドリンクも飲めばイソフラボンもたくさん摂取できるので美容効果も期待できます。

もやしや、スプラウトなども、豆や種を発芽させた栄養たっぷりの食材ですね。最近はブロッコリーや貝割れだけでなく、いろんなスプラウトが店頭に並んでいるので、選ぶのも楽しいです。
サッと茹でて、ポン酢やドレッシングなど、お好みの味付けで食べられます。

作るのもツラい時は、プロティンダイエットに頼ります。これならやつれず、しっかり栄養も取れますね。

2016年7月 okirakuさん

年々夏の暑さが増してゆきますが、暑いから火もあまり使いたくないし、料理する気持ちも薄れますね。
そんなときに一番簡単なレシピは、「豆腐とツナとブロッコリースプラウトのごまドレサラダ」です。豆腐を食べたい大きさに切ってその上にブロッコリースプラウトをのせ、その上にツナをのせて好みのごまドレッシングをかけるだけ。意外とおいしく食べられますよ。
次におススメしたいのが暖かいうどんにあたたかいつゆをかけて梅干を一つ入れます。胃腸が弱っているときにいいですよ。
できれば食欲がないときこそ、お肉も良いです。スーパーなどで焼肉用のお好みのお肉を買って、フライパンで焼く。あとはシンプルにわさびと醤油をつけながら食べます。焼肉のタレが胃腸に負担だと感じる方は是非!付け合せにニンジンを1センチにスライスしてボイルしたものを一緒にフライパンで焼いたものをプラスしてもおいしいですよ!
次のおすすめはひき肉カレー!やっぱりスパイスを取り入れてパワーつけたいですね。フライパンに油をひいてチューブのしょうが、にんにくを少々入れ、たまねぎをよく炒め、ひき肉を入れ、醤油、ケチャップ、カレー粉を入れて炒めて少々煮込む。
ありがちなメニューですがけっこう食べちゃいます。
最後は鶏肉の塩麹漬けです。鳥もも肉を1枚買ってきて塩麹を皮目までよくすりこませてジップロックに入れて翌日コショウをふって油で焼いて食べると鶏肉のうまみが増して皮もおいしく食べられます。冷凍して保存もできるのでまとめて作っておいても便利です。
それでも、やっぱり料理したくないなあと思ったら、アジの南蛮漬けを買ってきてそのまま食べる!
私自身が非常に夏が苦手で胃腸も弱いのでいろいろ試しましたが、夏だからこそ、しっかり食べることが一番だと感じました。無理して料理することなく、楽な方法でいいと思います。皆さんも一緒に、この夏を乗り切りましょう!

2016年7月 ポンタさん
  • ※レポートのテキストは投稿時のまま掲載。改行・段落のみ編集しております。
  • ※内容は個人の使用体験談であり効果、効能を保証するものではありません。参考にされる場合は、個人の責任においておこなってください。

テーマ別に読む