2018年6月のレポートテーマ

暑い季節の快適な睡眠方法

レポート数:12件

冷感敷きパッドと冷感枕バッドを使用して、就寝2時間前~冷房を23~25℃で、部屋と冷感寝具を冷やし就寝1時間~30分前には、GABAとリラックスの素を服用して、軽めのタオルケットを掛けて、冷房を外気の気温に合わせて28℃~30℃に設定して、眠ると、ぐっすり眠れる様に成りました。就寝時間を0時~1時迄にする事で、涼しい時間帯に寝るので、眠りの質も良くて、冷房も余り作動させずに済みますし、電気代も余り掛からず、汗も余り掻かずに済みますし、一石三鳥にも四鳥にも、成り、快適な睡眠対策として有効だと、感じて居ますね。

2018年6月 オルフェさん

夏場の蒸し暑くてジメジメした夜にオススメは、ズバリDHCのアロマシリーズです。
寝苦しい夜だからこそ、クーラーと一緒にアロマをプラス。乾燥が気になるときは、加湿器に一滴垂らせば、とても良い香りに包まれます。気分次第でアロマをチェンジ出来るのも魅力。ティートリーやペパーミントで爽やかに、グレープフルーツやオレンジでフレッシュに、ラベンダーやベルガモットで癒しに、、、
その日の気分や体調と相談して使い分けています。
夏場の疲労を回復させる睡眠。その時にプラス1するだけで、心も体もリフレッシュ出来てとてもオススメです!

2018年6月 サエさん

おすすめはDHCエッセンシャルオイルを使うことです。
私は枕カバーにタオルを敷いて使っているのでそのタオルに1~2滴エッセンシャルオイルをつけています。
枕カバーに直接つけてシミが心配な時はコットンにつけて枕の下や回りにおいても良いかと思います。
夏だとローズマリーやジュニパー、レモングラス、ティートリーなど清涼感のあるものをその時々で選んでいます。数滴でも2~3日はふんわり香りが続きます。
涼しげだったり好きな香りを選ぶと鼻からスーと心地いい香りが広がって寝つきもよくて気持ちも落ち着きます。

2018年6月 イェジンさん

敏感肌なので、あれこれ過剰なケアが出来ない肌質です。だけど夏の蒸し暑い日はみんなと同じように蒸し暑く、寝る時なんか行き苦しいと思うくらい、暑さで眠れない日もあります。最近のひそかなマイブームは、誰しも一度はやっていたであろう、化粧水を冷蔵庫で冷やしてコットンでパックするケア。これを7か月前から再開始したのですが、日中に火照った顔もひんやりとした化粧水でクールダウンされるし、布団に入った時にも、その引き締まった肌のおかげか気持ち良く眠れるようになりました。元祖ケアですけど、やっぱりいいねと再認識させられました。毛穴も引き締まったように感じています。

https://ameblo.jp/haruyama-ako133/entry-12306565787.html

2017年8月 あこちゃんさん

ずばり、湯船にお湯をはりつかるようにすることです。ついつい暑いとシャワーで済ませがちですが昔から我が家は湯船にお湯をためて少しでもいいのでつかるようにしています。暑いときは旦那用のディープクレンジングウォッシュで体を洗うと湯上りも、いつもよりさっぱり♪夏はつい、メンズ製品に手が出ますね(笑)

快適な睡眠につながっているような気がします。

2017年8月 だんごさん

暑さに弱く、エアコンが苦手な私は、夏が一番苦手。マンションなので、セキュリティ上、空けても安全な窓は全部開けて寝ていますが、年々、気温が上がってる気がします。風が入ってこないと、ほんと暑い。そこでいろいろ試してみました。まず必需品は扇風機。風は、直接身体に当たらないよう、上を向け、壁に当たり、空気が流れるように回します。枕は、熱がこもらないように、どこかの通販で取り寄せたひんやりシートを敷いてます。これ、結構オススメです。頭痛が無くなりました!!来年はお布団の上に敷くひんやりシートにトライしようと思っています。そしてパジャマは、襟ぐりが大きく開いたゆったりサイズのTシャツ。もちろん薄手の生地です。透けない程度です。それから、私は寝る直前にお風呂に入るので、お風呂上りにDHC DSボディジェルを塗ります。暑い時期は、このボディケアが一番好き!!。ひんやりスウスウして、涼しく感じるし、香りも好きなので、いい気持ちで眠りにつけます。

2017年8月 めろんぱんさん

特に今年は7月から熱さが厳しい夏となりましたが、「暑い季節の快適な睡眠」は、今や永遠のテーマとなりつつありますね。

我が家では暑い夏に快適に眠る方法として、エアコンは寝ている間中28℃でずっとつけっぱなしにし、その代わり、風量を「弱」または音が静かになる「静」モードにしています。

エアコンをつけて寝る場合は、ガーゼマスクをして寝ます。その際、マスクは、口だけを覆い、鼻まで覆わないようにすると、顔が熱くなりませんし、エアコンから喉の乾燥を防ぐことができます!

寝具は多少厚めの綿毛布を使用し、寝冷えを防いでいます。

その日の気分によって・DHCアロマミスト[ LOVE AROMA(愛のお守り) ]・DHCスリープタイムアロマミスト(ナイト)を寝具を中心にミストで香りをつけて、できるだけ心地よい眠りを誘うように工夫をしています。
特に、DHCスリープタイムアロマミスト(ナイト)は、オレンジスウィートとラベンダーの香りがほどよくブレンドされていて、気に入っています。

昼寝をするとかえって夜に眠れなくなってしまうので、多少眠くても我慢!

このような感じで対策をしていますが、意外と「香り」の効果にも助けられているように思います。アロマミスト、是非、オススメです!

2017年8月 ポンタさん

我が家の寝室は2階にあり、建物の構造上、どうしても室内に熱がこもってしまいます。
おかげで毎晩とても寝苦しいのですが、今夏、快適に寝られるグッズを導入しました!!
それはずばり、ひんやり枕カバーです!!
髪の量が多い私は、いつも頭が暑く、起きると枕がびっしょり......。頭部には熱がこもり、起床後もぼーっとしてしまいます。
それが、この冷感枕カバーを使用するようになってからはとても快適に寝られるようになったのです!
枕に頭を置いた瞬間、ひんやりさらっとしているので、寝苦しさを全く感じずに、眠りにつくことができます♪
これに、涼感シーツを合わせれば頭だけでなく身体ひんやり、気持ちがいいです(*^^*)
まだ試されていない方はぜひお試しあれ♪♪

2017年8月 みんちゃん

寝苦しい夜はエアコンをつけて寝たいところですが、私はエアコンが苦手、怠くなってしまうのです。
アイス枕は冷たすぎて、なおさら眠れなくなります。

そこでオススメなのが保冷剤です。
ケーキについてくる5cm×10cmくらいのやつですね。
これをタオルに包んで首の下に置くだけです。
汗がスーっと引いていきます。
あとは体に直接風があたらないように、扇風機をまわします。
これで朝までぐっすりですよ?。
毎年夏はこれで乗りきっています!!
エアコンが苦手な方は是非お試し下さい。

長い保冷剤を首に巻くタイプの物も売っていますが、あれは溶けた時に巻いてあるタオルが暑くて目が覚めてしまいます(笑)
寝る時には向いていないかもしれません。

2016年7月 まますさん

「暑い季節の快適な睡眠方法」は、涼しい枕カバーにすることです。私が気に入っているのは、「ウェアラブルコスメひんやりしっとり枕カバー」。やさしい色合いで、淡い色が枕にぴったり。暑い季節でも、この枕カバーを見ていると気持ちが癒されます。
色は、ピンク・ブルー・グレーの3色。この枕カバーだと、頭が暑くて寝られないというのがありません。朝起きても、髪が顔にはりついていることもなく。頭に熱がこもりません。
縦じまの品のよいデザインで、生地も薄手。暑い夜でも、色違いのカバーをつけかえ楽しんでいます。

wearable cosme201607.jpg

2016年7月 リアトリスさん

寝る活は、人生の3分の1を占めているので、とても重要です。
特に暑い季節は、寝苦しく、何度も目が覚めます。
九州に住んだことがあるので、その時は寝る前に、乳酸菌飲料を2杯飲んで、寝ていました。
今現在は、畳の上に、除湿シートをじかに乗せ、冷凍にしたアイスノン枕にタオルを巻いて使います。
今でも寝る前の水分補給は重要で、麦茶、緑茶、ビタミンC入りのレモン水、ポリフェノール入りのベリー系のジュース、など必ず2杯飲みます。
それとともに、1番重要なのは、DHCのゆったりサプリを2錠飲みます。
このサプリのおかげで5時間から6時間は、夢を見ることもなく、良質な睡眠を確保できています。
もし明け方にトイレに起きても、すでに夢を見ない良い睡眠がとれているので、満足感が大きく、気になりません。
私の文章が、少しでも参考になれば、幸いです。

2016年7月 カブラさん

ゆるくエアコン設定してかけるのは勿論なのですが、寝る前にボディーへの保湿クリームと髪の毛への十分なお手入れ、そしてそれらのお手入れには自分の大好きな香りの物を使用する事。時にはその上にほんの少しの香水を使用してお布団に入ると、その香りがリラックス効果を発揮してくれて、さらにシットリなのにサラサラなお肌の状態で寝る事が出来る為、肌の乾燥感を感じず朝までグッスリ眠る事が出来ます。そして、一番大事なのはお顔のお手入れ。ここで保湿の手抜かりがあると、せっかくの心地いい部屋で心地よいコンディションで全身リラックス状態であっても寝ている時や朝方にお肌の乾燥感で目が覚めてしまいます。お肌への十分な保湿と維持。出来れば此処に部屋の加湿も少しすると感想し過ぎずに眠れてなおベストなんです!

2016年7月 ねこりん
  • ※レポートのテキストは投稿時のまま掲載。改行・段落のみ編集しております。
  • ※内容は個人の使用体験談であり効果、効能を保証するものではありません。参考にされる場合は、個人の責任においておこなってください。

テーマ別に読む