「いつまでも元気にイキイキと過ごしたい!」
それは、長寿社会となった今、誰もが願うこと。
糖質制限食は、その願いを叶える鍵のひとつだと言われています。
今、健康値が気になる方はもちろん、数年後が心配な方でも、
一生涯イキイキと過ごすために、[DHC流 糖質制限食]を始めてみませんか?
まずは知ろう!糖質制限食あなたもさっそく!糖質制限を始めよう!BMI25以上なら糖質制限ダイエット
BMI25以上なら今すぐ始めよう!糖質制限ダイエット

BMIが25以上ある方は、少なくともメタボ予備軍です。健康値に不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?そんな方には、糖質制限食で健康値にアプローチしつつ、カロリーも考慮する『DHC流 糖質制限ダイエット』がおすすめです。

Step1
健康的な目標値を調べよう!
無理なダイエットは、かえって健康を損ねてしまうことも…。身体に負担をかけないためにも、身長や体重、基礎代謝量のほか、日常生活での運動レベルなどを総合的に考慮した減量値や摂取カロリー、糖質量を定めることが大切です。あなたの身体に無理のない目標値を調べて、健康的にダイエットしましょう!

BMIをチェック!
  • 身長cm
  • 体重kg


Step2
始める前に糖質制限ダイエットのルールを確認しよう!
食事のカロリーだけでなく糖質の摂取量を制限するDHC流 糖質制限ダイエット。通常の糖質制限食よりも、ちょっとだけ厳密に糖質制限ルールを守るようにしましょう!お肉より魚や大豆製品をチョイスすることでカロリーもぐんと抑えられたり、食べる順番を変えることで満足感を得やすくなったりします。結果、糖質とカロリー両方を抑えられて一石二鳥のはず!!

ご飯・パンなど主食を控える

糖質制限食の基本です。このDHC流 糖質制限ダイエットでは、より厳密に糖質量とカロリーを制限するので、その他を気兼ねなく食べるためにも、ご飯やパン、麺などの主食や、芋類は可能な限り控えましょう。


お菓子はNG・果物は控えめに

果物やお菓子には糖質が多く含まれます。しかも低分子なものが多く、吸収が早いのも特徴です。血糖値を急激に上げやすいため、お菓子は食べないように、果物を控えめにしましょう。


魚・卵・大豆製品・乳製品を積極的に!

主食を減らす分、たんぱく質を多く含む食品を食べましょう。肉だけに偏ると、飽和脂肪酸を摂りすぎてドロドロになる恐れも。バランスを考えて食べましょう。


オリーブオイル・菜種油・アマニ油を活用

コレステロールや中性脂肪によいとされる不飽和脂肪酸がバランスよく含まれています。健康値対策としてもおすすめなので、油を使う際には、これらを使いましょう。


サラダ・副菜→主菜(→主食)の順で食べる

食物繊維の多いものや、消化に時間がかかるものは血糖値を上げにくいといわれています。これらを先に食べておけばその後の血糖値上昇もゆるやかに。食べる順番に気をつけましょう。


1カ月ごとに目標値を見直そう!

1日の必要カロリーは体重によって変わります。Step1で調べた目標値も変化するので、ダイエットの進捗とあわせて1カ月ごとに調べなおし、目標値の再設定をしましょう。


【<DHC流 糖質制限>の注意点】
最低でも基礎代謝を下回らないように、1日の総エネルギー(kcal)を摂取してください。
糖尿病で服薬・インスリン治療中の方、腎臓疾患、肝臓疾患、膵臓疾患などで治療中の方は、糖質制限を始める前に主治医にご相談ください。
妊娠中、授乳中の方や成長期にあるお子様にはおすすめしません。
専門的な指導管理を受けているアスリートは、指導者の食事指導を優先してください。
体調が芳しくない時などは、十分に回復するまで糖質制限はしないでください。

DHC健康長寿100歳プロジェクト
「DHC健康長寿100歳プロジェクト」は、日本人の食生活を中心とする生活習慣を改善することにより、元気で活躍できる長寿社会を構築することを目指すものです。<DHC流 糖質制限>はそのプロジェクトの一環です。